キャロウェイのウェッジは

数々の名作を世に生み出してきた名匠ロジャー・クリーブランドがツアープロの意見を形にしたウェッジ

キャロウェイ MD3 MILLED ウェッジ

どこからでも寄せワンが狙えるキャロウェイ ウェッジ

キャロウェイ MD3 MILLED ウェッジは、クリーブランドゴルフ社の創業者で数々の名作を世に生み出してきた名匠ロジャー・クリーブランドがツアープロの意見を取り入れ形にしたウェッジ。

キャロウェイ MD3 MILLED ウェッジの主な特徴は、

3種類のソールグラインド

操作性重視のC-グラインド

トゥ・ヒールを削ったソール形状で、ライの状態やロケーションに応じて、フェースを開いたり、操作性を重視したコントロールショットを駆使したいゴルファー向け。

シンプル操作のS-グラインド

オーソドックスなソール形状で、シンプルにスクエアに構えて打つだけのアプローチをしたいゴルファー向け。

やさしさ重視のW-グラインド

ワイドソール形状でやさしくアプローチしたい、多少のダフリのミスにも対応、バンカーからも簡単に脱出したいゴルファー向け。

ロフト別の3種類の溝設計

46~52°のピッチングやアプローチウェッジでは、フルショットの時に距離を安定させる緩やかなエッジの溝。

54~56°のサンドウェッジでは、スピンのきいたショットを可能にしたエッジの溝。

58~60°のロブウェッジでは、グリーン周りから最大のスピン性能を発揮する鋭角なエッジの溝。

独自のレーザーミルドマイクログルーブ

スコアラインとスコアラインの間に、レーザーエッチングしたフェース面のわずかな溝を加えることで、新設計された溝との相乗効果でスピン性能をさらに向上。

キャロウェイ MD3 MILLED ウェッジ おすすめゴルファーは、

プロのようにフェースを開いてスピンをかけたり、ボールを上げたりしてボールをコントロールしたいゴルファー向けのウェッジ。

キャロウェイ MACK DADDY PM・GRIND ウェッジ

フィル・ミケルソン監修の多彩なアプローチショットを可能にするウェッジ

キャロウェイ MACK DADDY PM・GRIND ウェッジは、フィル・ミケルソン監修の究極のロブショットを生み出すウエッジ。

通常、ウェッジでのロブショットは、上級者にとってフェースを開いてボールを高く上げることは比較的簡単ですが、スピンをかけるとなるとハードルが高くなる。ボールにスピンをかけるには、インパクトでヘッドスピードが加速して振り抜いていくちょっと高度なテクニックが必要となる。

その高度なテクニックを可能にしたのが、キャロウェイ MACK DADDY PM・GRIND ウェッジ。

ボールを高く上げ、さらにスピンをしっかりかけないといけないグリーン奥や深いラフ、バンカーなとの厳しい状況の中、より高い精度でワンピンに寄せられる究極のロブショットが打てる。

その秘密は、ハイトゥデザインヘッド。

フェースを開いて打つロブショットは、フェースのヒール下からトウ上に沿ってボールを捉えるのでトゥ側のフェースを高くして、トウの端ギリギリまでスコアラインを配置している。そのためボールとフェースの接地時間が長くなるのでスピン量が増えると言うこと。

キャロウェイ MACK DADDY PM・GRIND ウェッジがおすすめのゴルファーは

より高い精度でワンピンに寄せられる究極のロブショットを打ちたいゴルファー向けのウェッジ。

Top へ